ツアーでも個人旅行でも楽しめるイタリアF1観戦
ロゴ

見どころや良い席を調べてイタリアF1観戦をより楽しむ!

イタリア旅行で事前に用意すべきもの

イタリアに限らず、海外旅行時には荷物の紛失や盗難に気を付けなければいけません。ウォレットチェーンやダミーの財布、番号式南京錠などは事前に用意をしておきましょう。

ツアー利用と個人旅行の利点を徹底比較!

準備に時間や労力がかからないのがツアーの魅力

ツアー旅行に参加するだけなら、ホテルの予約や飛行機チケットの手配は必要がなくなります。観光スポットによっては入場券が必要になるケースも多いのですが、それらも旅行会社側で用意してもらえます。

自由度の高さでいえば個人旅行に軍配が上がる

個人旅行は自由度が高いので、現地でも自分の好きなように動いていくことができます。どの観光スポットを巡ってどのホテルに宿泊するのかもすべて自分で決めていくことができます。確かに費用や時間、労力はかかりますが、その分満足度は高くなりがちです。

ツアーでも個人旅行でも楽しめるイタリアF1観戦

フォーミュラカー

イタリアグランプリの見どころとは

世界でもトップクラスの高速コースを採用しているのが、イタリアグランプリの一番の魅力です。ストレートでは時速300キロ以上でマシンが走り抜けていきます。F1らしい大迫力のエキゾーストノートも見どころの一つでしょう。カーブが少ないので順位争いも熾烈になる傾向が強く、一位から五位までが一秒差以内にひしめき合うというレースも過去にはありました。毎年コンマ一秒を争うシビアなレース展開になるため、一時も目が離せません。

お勧めの観戦席について

バックストレート席が、イタリアグランプリでは一番のおすすめになります。なぜなら、最高速度で疾走するF1マシンの勇姿を堪能することができるからです。音もカーブ近くの席より大きくなりますし、F1ならではの大迫力を感じるのには最適です。ただ、自由席を選択するというのも悪くはないでしょう。自由席は無料なので、コストが一切かかりません。ツアーの費用総額を圧縮することができるのは大きいです。

ツアーの見積もりを依頼しよう

プランの内容やホテルのグレードを自分で選択できるツアーは多いです。F1観戦ツアーなら、サーキットのどの席を選択するかでも総額は変わります。時期によっては飛行機のチケット代も変わってくることでしょう。ですから、まずはツアー会社に見積もりを出してもらう必要があります。正確な料金がそこで初めて判明するので、見積もりで出た額によってそれぞれのツアーの比較検討を進めていかなければいけません。

優良なツアー会社の特徴

大手ツアー会社は、旅行プランの内容からして充実している可能性が大です。利用者数が多いせいか、各プランの料金も低めに抑えようと努力してくれています。優秀な社員が多く、ノウハウも多く蓄積しています。そのため、トラブルが起こった際の対処も素晴らしいものがあります。安心と安全のためには、大手ツアー会社から調べていくのが無難でしょう。

初めてのF1観戦の前に知っておきたい基本知識

レースは三日かけて行われる

F1グランプリは基本的に三日かけて行われます。一日目にはフリー走行という練習を行うのですが、この段階から勝負は始まっています。そして二日目に予選、三日目に決勝を行い、最終順位を確定します。

レースが始まるのは基本的に午後から

シンガポールGPなどでは日が落ちてからレースがスタートすることもありますが、一般的なグランプリは昼にレースを行います。午後、あまり遅くない時間にスタートをすることが多いので、観戦するなら日差し対策は必須です。

お金のかからない自由席もある

サーキットにもよりますが、中には料金が一切かからない自由席が設けられている場合もあります。ツアーでも自由席を選択できるケースがあり、自由席を選べば総合的な費用を数万円も低くすることができます。

スタンドは複数あって値段も違う

サーキットは広いですから、スタンドも複数あるのが普通です。ゴール前やコーナー付近など、場所によってオーバーテイクの可能性も変わってきます。値段もそれぞれ違って、その差が数万円になることも珍しくありません。

レギュレーションは毎年変わる

レギュレーションというのは、F1の細かいルールのことです。これは、毎年微妙に改定が繰り返されています。レギュレーションが順位に及ぼす影響は強いので、観戦前には調べて把握しておきたいものです。

広告募集中